最強毛豆決定戦【2021番外編】毛豆食べ比べセットの投票結果

日本中の毛豆好きの皆様、コロナ禍をいかがお過ごしでしょうか?
最も美味しい毛豆を決定する、「最強毛豆決定戦」は2019年度で惜しまれつつ?終了しました。今年はインフルエンサーの方に、「毛豆食べ比べセット」による投票企画を実施しました。食べ比べの3種類の毛豆の他、津軽の文化である乳酸発酵した毛豆の漬物「豆漬」(津軽あかつきの会)、青森でギャレスのビールと呼ばれているクラフトビール3種(Be Easy Brewing)が同梱されました。

毛豆食べ比べセット2021

毛豆食べ比べセット2021

食べ比べされた毛豆は3農家

各毛豆には、赤・青・黄のシールが張られており、どの生産者の毛豆であるかは、わからないようになっています。今回、毛豆の食べ比べを行っていただいた皆様は、都市部のメディアの方々です。最強毛豆決定戦と違うのは、配送に時間がかかる点、自分で塩ゆでする必要があるという点でした。茹で方や食べるタイミングで毛豆は味が変わります。茹でたてよりも、一旦冷めたほうが毛豆感が強くなります。多少の条件はあれども、生産者がわからないため、毛豆そのものが評価の中心となります。

毛豆の評価

最強毛豆決定戦では、以下を評価基準としていました。

  • 毛豆の旨さ
  • 毛豆の形状
  • 毛豆の物語(ブラインドのため、毛豆研究会で評価)

生産者は伏せられているので、味と見た目で評価することになります。
今回も、味と見た目で評価することは同様でした。

投票結果 有効投票数 18票

第1位 黄 10票 青森毛豆研究会(コンシス)
第2位 青 8票 ケマラボ(長内将吾)
第3位 赤 0票 ふくし農園(福士茂)

以上のような結果となりました。黄と青は僅差だったと思いますし、調理の差や食べるタイミングなどで評価は変わると思います。赤の毛豆も普通に食べたら相当美味しいはずですが、他の豆のコンディションが良かったのだと思います。実食された方はお分かりと思いますが、3者とも個性のある毛豆らしい美味しさだったと思います。

毛豆は、味や形状が統一されたものではなく、各農家の受け継いだ種や、栽培環境で独特な個性が生まれます。
歴史的に見ても、津軽では農家の嫁が嫁ぎ先に豆を持参して植え、近所で食べ比べをしていたといわれています。

毛豆食べ比べ参加者のコメント

第1位 黄 青森毛豆研究会(コンシス)

  • 余韻長く、味わいも深みかあります。香りのふくらみも好きです。全てに大きさを感じる味でした。ごめんなさい!他2品と桁違いでした!
  • 栗のような甘みがあって、一番美味しかったです
  • 庶民的で親しみやすいフレンドリーな味わいです。ずんだ餅にしても食べてみたいと思いました。
  • 濃い甘味があるうえにホクホク感も強くバランスが良い
  • 栗感、甘味のバランスが取れていたように思えます。
  • 噛み締めると甘く美味しい。甘さ感じる。
  • 最も甘く、第一印象が強い。青より味の個体差があるように感じた。ポタージュやテリーヌ、豆餡など用途によっては青より適している場合もあるように思う。
  • 甘味が強く、子供も大好きでした。
  • 甘くてまるでお芋のようでした!おどろきました。食べる手が止まりませんでした。
  • 毛が多く、長く、濃い。豆の色も、へその色も濃い。豆の形はややいびつ。見た目は最も毛豆っぽい。
  • 甘み、旨味が強く、スイートコーンのような余韻が続く。一口目は一番美味しいと感じたが、味わいが強いからか食べ続けていると手が止まる。
  • 蒸したら最も栗っぽかった。茹ででの比較が条件だったので青を選んだが、蒸しなら格段上の美味しさなのが黄色だった。また、見た目も含めての総合的な毛豆っぽさでも黄色だったと思う。
  • ぷっくりとした食感と甘味、豆の香りは毎日食べたいくらいレベルの高い毛豆です。しかしながら青には出口の栗のような甘みが追いつかず残念ながら今回次点とさせていただきました。
  • 最初、青臭い(嫌な青臭さではない)と感じたのですが茹でた後、冷めてからは旨味がグッと増し、その後さらに甘さが出てきて、すばらしいバランスと余韻を感じました。
  • 甘みとコクのバランスが良く、ふわんと香りが立って、岩木山の秋に1番合うように思ったので選びました。見た目が1番毛深い感じだったのもインパクトがありました。
  • 毛が多く、栗の香りがします。お豆の味が濃くてボリューミィ!食べ応えがあります。うまみ、あまみ、味わいのバランスが良く、あとをひいて、手が止まりませんでした。
  • 豆のそのものの甘み、旨み、こっくりした香りが最高でした

第2位 青 ケマラボ(長内将吾)

  • 噛んだときの芳醇な香りが好きです!
  • 食べやすくて、どんどん食べてしまう味。サイズも大きかったです。
  • “味の膨らみ、のびの良さが圧倒的で、頂いているうちに、明るく前向きな気持ちになりました。エネルギーを感じる甘さです。”
  • 一番栗のようなホクホク感がある
  • 栗感がもっど立っていた印象です。ファーストインパクトは一番でした。
  • ジューシイ。枝豆感ありおいしい。どんどん食べたくなる。
  • 甘み、香り、食感のバランスが最も良い。そのまま食べるには一番美味しく感じた。
  • 甘さとコクのバランスがよい。
  • おいしかったです。
  • 毛が多いが色が薄め。豆の形にとんがりがある。へそ、薄皮の色が淡い。ショ糖らしい甘さが強い。どこかに酸味も感じ、複雑味がある。香りが広がり、食感もなめらか。次から次へと手が出て、食べ続けられる。ただ、蒸すと栗っぽさは少なく、個性が引き出されない感じがした。
  • 入り口枝豆、出口が栗みたいです。今まで食べた枝豆を遥かに凌駕した圧倒的な旨味、甘さで愕きました。間違いなくこの枝豆が一番美味しいと思いました。
  • 栗のような甘さが全面で感じられて驚きました。スイーツに使用してもいいかもしれません。
  • 1番甘みがありました。とうもろこしのような甘みに驚きました。余韻も長く感じられました。
  • 香りはおとなしめ。特徴は、なにより甘みがたっぷり味わえること。豆の味がして、甘みが充分あり、もうひとつと、手がのびます。
  • さっぱりしていて、最初は物足りなかったのですが、翌日はすきになりました

第3位 赤 ふくし農園(福士茂)

  • 爽やかとフルーティな感じが好きです!
  • 風味と歯ごたえがよかったです。
  • 穏やかで上品な味わいです。誰にも好かれる品格のあるテイストだと思いました。
  • 十分おいしいけれど、やや甘味があっさりめな気がした。
  • コクがあり噛むうちに甘みがじわじわあふれてきておいしゅうございました。
  • さっぱりしている。栗のよう。美味しい。
  • 非常に淡白な味わい。食感はよい。
  • ほくほくとして栗のような風味が強い
  • おいしかったです。
  • 毛は少なめだが、3粒が多く、豆の楕円形が美しい。
  • 甘さが控えめで、大豆らしい穀物香が強い。粒感が残る。栗の余韻は少しある。全体的に淡い印象だった。
  • 一般的な枝豆と比べると香りや甘味、味のレベルは遥かに高いと思います。が、この3種の中で比べてしまうと甘味味共に一番薄いと思いました。
  • 大ぶりで食べ応えがあり、豆本来の風味がしっかり感じられました。
  • 1番さっぱりした感じで、安心してパクパク食べられる味でした。優しい旨味がありました。
  • 香りは爽やかで良いです。味はこざっぱりとして、やや単調かもしれません。3つの中ではライトタイプ。もちろん美味しいですが。
  • 青と黄色のちょうど中間な味でした


豆漬とクラフトビールへのコメント

豆漬(津軽あかつきの会)

  • きれいな発酵の香りが口の中で広がります。美味しいです!ごちそうさまです!
  • 味は塩味で美味しかったですが、匂いがキツかったです。
  • 「豆漬け」の大ファンです。チーズを思わせる香りと濃厚な旨味にいつも驚かされます。豆の選定や塩分の微妙な調整、発酵具合などで、いろんな味わいになっていくのかしらとイメージ膨らみます。自分でも挑戦したいと思いますが、まずは、「毛豆」の入手からですね。
  • 初めて食べて想像を超えた味に一瞬ビックリしたけど、これは日本酒じゃー!ってなりました。めちゃくちゃ美味しいのでウチでも作りたいからレシピプリーズです。
  • ひと口いただくと、あかつきの会さんの貴重な保存文化の風景が頭に広がります。本来の甘味にさらに乳酸発酵した酸味が加わり、素晴らしいですね。一粒一粒大切に味わいました。
  • あっさりいい塩梅の漬け具合で、あっという間になくなりました。
  • ご飯持ってきてえ
  • しょっぱいようでした。
  • しっかり発酵香がして心地よい酸味だった。ただ、保存性のため塩味が強いので、そのままつまむ以外の食べ方があるのか知りたい。
  • 伝統料理でありながら新しさも感じます。このまま食べてももちろん美味しいですが、調味料として潰して使うと色々と料理の幅が広がりそうだと思いました。
  • 懐かしい味。これは都心で食べるのでなくお母さんたちの笑顔を見ながら、津軽で食べたいと思いました。あと、普通に食べるとやっぱりしょっぱい!!笑 あの場所だからの空間マジックかもしれません。
  • あかつきの会は大好きで何度も食べておりますが、豆漬!!実は1番ビールに合うのはこれかもと思いました。チーズとピクルスを同時に食べたような複雑な旨味がありますね。なぜかハーブのような香りも感じられます。クセになる味です。
  • 初めて食べて、酸味と香り、味にビックリしました。慣れると食べやすく、やみつきになりそうです。作ってみたくなりました。体に良さそうです! 全国でも唯一かと思います。凄い。
  • こんな調理法があるとは、青森の文化の奥深さを深く感じました

ギャレスのビール(Be Easy Brewing)

  • 三種とも香り豊かで、味わいも選べて嬉しい気持ちになりました!
  • IPAを飲みました。とても飲みやすくて良かったけど、IPA好きとしてはもっとガツンとした苦味があっても良かったです。
  • いずれも香り鮮烈なインパクトを感じるビールです。デービスペールエールの香りの強さとかなりの苦味には、濃厚な料理との相性を呼ぶと思いました。Aomori Fresh Hop2021シュガーを感じさせるような甘さ、フレッシュな香りが、ドイツ菓子を合わせてみたくなりました。岩木山の秋一杯で満足の充実感があります。〆のビールとしてベストです。
  • ペールエールなのにエッジのある味わいで、個性的な毛豆にもよく合う。
  • ほかの2本は単体でゆっくり楽しみたいビールでした。岩木山の秋、個人的にも購入したい。
  • 相変わらずのおいしさで、お店に伺いたい煩悩にかられました。
  • フレッシュ感。クセがあるが、これがいい
  • すっきりとして飲みやすかったです。
  • ペールエールが最も好みで、国内他社と比べてもトップクラスの美味しさだった。個性的な香り(中盤以降の香り。何の香りだかわからないのですが。。)がして、オリジナリティもあった。
  • 安定の美味しいさです。コクの深さが味の濃厚な毛豆とマッチしてます。
  • 私自身ビールが苦手だったんですが、こちらはとても飲みやすくて初めてビールを飲み切りました!そして、人々がビールと枝豆の組み合わせを選ぶ理由が分かりました。
  • これは幸せな組み合わせです!
  • お店にも伺っており、ギャレスさんのビール大好きです!!毛豆には岩木山の秋を合わせてみました。秋らしいコクと奥深さを感じる味で、夏のようにさーっと喉を潤して飲むよりも、じんわり味わいながら飲めるビールだなあと思いました。しみじみ飲みたいビールです。
  • 飲みごたえがあり、おいしい味わいのビールでした。味は濃いですが、クリアー感もあり、素晴らしいビールでした。特に自家栽培のホップを用いたビールは最高でした!デザインもカッコよく、魅力充分。青森は、日本酒もシードルもビールも美味しいと知りました。
  • これはもう、毛豆にぴったりすぎます!

最強毛豆決定戦2019 審査結果

今年もやってきました!今しか味わう事のできない、青森県初秋の風物詩、「毛豆」。
青森県在来と言われる枝豆、「毛豆」の美味しさや毛豆らしい見た目などを競い、
世界最強の毛豆を決める第6回目の“最強毛豆決定戦”
本日、9月20日(金)かだれ横丁で開催されました。

今回は「毛豆」の出品数はの18種!
出品をご検討いただきました皆様、出品頂きました皆さま、
いろいろな農産物が収穫を迎え、繁忙期にも係わらず、誠にありがとうございました。

結果以下の通りとなりました。

グランプリ 齋藤竜さん(プレミアムじゃが太郎)
金賞 福士 茂さん(ふくし農園)
銀賞 齋藤順一さん(土方)
銅賞 青森県立五所川原農林高等学校 野菜研究室

この度は入賞おめでとうございます!

最強毛豆決定戦2019 FINAL

2019年9月20日(金)最強毛豆決定戦2019が開催されます。
2013年からスタートした最強毛豆決定戦は今回で最終章となります。
最後のグランプリを獲得するのは誰か?非常に楽しみです。

青森毛豆研究会は、青森毛豆のブランド化を推進する任意団体です。
ブランディングや栽培に関するナレッジ共有の他、
最強毛豆決定戦のイベント開催を行ってきました。

青森毛豆研究会へのメディアへの露出も年々増加しています。
ホームセンターにも毛豆の種コーナーができるなど、生産のすそ野も広がってきました。
青森毛豆研究会も次のステージに進むために、最終回とすることにしました。
青森毛豆研究会は、生産者が再生産可能なブランド化や
一定以上の単価での流通を目指しています。

来年以降の取組にもご注目していてください。

2019年の青森毛豆の収穫時期

青森も毎日30度前後の気温が続いていますが、夜は確実に涼しくなっています。
早生の豆が出回っていますが、在来の青森毛豆も、まもなく収穫時期となります。
写真は弘前市内の居酒屋で提供されていた、早生の毛豆です。2回注文しました。
美味しいのですが、旬の毛豆はもっと豆味が濃厚でなので、これからが楽しみです。

弘前市内の居酒屋で提供された毛豆

2019年 弘前市内の居酒屋で提供された毛豆

青森の毛豆がTBS系「マツコの知らない世界」に登場!食べ出したら止まらない「枝豆の世界」

2019年8月13日(火)青森の毛豆(けまめ)がTBS系マツコの知らない世界に登場します。
食べ出したら止まらない「枝豆の世界」の中で取り上げられる予定です。

食べ出したら止まらない「枝豆の世界」の予告動画

毛豆を知らない方もいると思います。日本では枝豆はビールとセットで夏に食べるものとされていますが、
青森の毛豆は晩成種で9月下旬から10月上旬がシーズンです。剛毛と栗のような濃い味が特徴の豆です。マツコさんには是非とも旬の毛豆を味わってほしいものです。
蒸し焼き調理すれば、栗のような濃厚な味が口の中に広がります。秋のビールとピッタリなので、KIRINの秋味と合わせたいです。KIRINビール様からの問い合わせお待ちしています。

枝豆はアジアでは「毛豆」(マオドゥ)と呼ばれており、日本だけが「枝豆」(えだまめ)と呼んでいるガラパゴスなのです。青森の「毛豆(けまめ)」呼び名はアジアのスタンダードな呼び名であります。

■番組内容(引用:TBS公式サイト マツコの知らない世界
「マツコの知らない 枝豆の世界」
真夏の居酒屋で「とりあえず」といえば「ビールに枝豆!」という人が多いほど、日本の風物ともいえる枝豆。
今回、マツコ・デラックスに「枝豆の世界」を語ってくれるのが全国300種の豆を食べ歩いた豆・豆料理探検家の五木のどかさん。
豆の中でも夏はなんと言っても「枝豆」、特に枝豆は美味しい時期が一瞬のものもあり、最高の味を逃して欲しくないという五木さんから、8月~10月の旬ごとに、品種、味の違いを教えていただきながらマツコが食べ比べ!マツコがだだちゃ豆以来の衝撃を受けた枝豆とは!?
さらに、家で簡単にできるアレンジ枝豆料理もご紹介!
また、「世界えだまめ早食い選手権」のレジェンドをスタジオに招き、昨年予選落ちしたという五木さんが枝豆早食いの記録にリベンジ!結果はいかに!?

■最強毛豆決定戦19 ファイナルステージ
マツコさんには参加していただきたい、最も剛毛で最も美味しい豆を決定するイベント「最強毛豆決定戦」は今年で終了です。
マツコの知らない世界で紹介された最強毛豆決定戦の告知

2019年「最強毛豆決定戦」最終章 審査員募集

2019年「最強毛豆決定戦」の開催決定に伴い、一般審査員の募集を開始しております。

“最終章”と銘打って一旦ラストを迎える「最強毛豆決定戦」。
最後の毛豆比べ…皆さまのご参加をお待ちしております。


定員に達したため出品者募集は〆切ました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【開催日時】
2019年9月20日(金) 18:30~(開場18:00~)

【会場】
津軽弘前屋台村かだれ横丁(弘前市百石町2-1)

【タイムスケジュール】
(予 選)18:30~19:00
(決 勝)19:00~20:00
(懇親会)20:00~21:30

【参加費】
おひとり様 4,500円(懇親会費込)

【投票方法】
会場に並ぶ毛豆を食べ比べ、食味による審査をしていただき、最もおいしいと思った毛豆に一票投じていただきます。

最強毛豆決定戦2019 最終章 出品生産者募集

2019年「最強毛豆決定戦」の開催が決定いたしました!
青森の在来と言われる枝豆「毛豆」の美味しさや毛豆らしさを競い、同時に
青森の晩秋の味覚を楽しむ「最強毛豆決定戦」。
当開催で、一旦“最終章”とすることとなりました。

これまでご出品を検討していた方も、これまでもご出品いただいていた生産者さまも
最終章での最終決戦のお申込みお待ちしております。

定員に達したため出品者募集は〆切ました。たくさんのご応募ありがとうございました。

【ご出品者さま募集期間】

~2019年8月30日(金)まで

【ご出品内容】

塩茹でした「毛豆2~3kg」(約7~8本分)
※9月20日(金)決定戦当日、15~16時までに会場(かだれ横丁)へ「塩ゆでした毛豆」を2~3kg(約7~8本)持参をお願いしております。募集期間内にご出品のお申込みをお願いいたします。

【その他】

その他ご出品に際する詳細はこちらから

—————————————–

関連リンク

「最強毛豆決定戦」とは?
「最強毛豆決定戦2018」開催情報

「最強毛豆決定戦2018」の入賞者はコチラ!
「最強毛豆決定戦2018」の入賞者速報

青森毛豆って?研究会って??
青森毛豆研究会についてはこちら

自然を観察して毛豆の種まきタイミングを計ろう!

青森県も季節は春。
桜の名所として知られる弘前公園では、外濠の桜が咲き始め、これから満開を楽しめそうです。
各所で田植えの準備や畑や田の耕起が進められています。

毛豆はというと、発芽と生育期間に一定の温度が必要なため、種まきはまだまだ先になりそうです。
種まきした後に霜が降りないことが絶対条件です。
以前お伝えしましたが、自然の状態を見て計る、種まきのタイミングがわかる方法があります。

▼岩木山の残雪で毛豆種まきのタイミングを計る記事はコチラ
毛豆の種まきを知らせる岩木山の残雪(青森在来枝豆)

2019年4月21日、津軽の秀峰「岩木山」の残雪はまだ多いですね。
岩木山

南津軽側から見た岩木山と西津軽側から見た岩木山は形も異なるため、残雪も違います。
残雪の形がツバメに見えるのは南津軽側から見た岩木山です。
また、カッコウが鳴くともう霜が降りないと言われていますよ(^^)
地域ごとの毛豆の種まきタイミングを見計らって種まきしてみてくださいね!

種まきもまだしていませんが、今年も美味しい毛豆が食べられますように!

—————————————–

関連リンク

「最強毛豆決定戦」とは?
「最強毛豆決定戦2018」開催情報

「最強毛豆決定戦2018」の入賞者はコチラ!
「最強毛豆決定戦2018」の入賞者速報

青森毛豆って?研究会って??
青森毛豆研究会についてはこちら

FOOD専門ウェブマガジン「FOOD PORT.」に掲載されました!

去る9月21日(金)開催された“最強毛豆決定戦2018”
イベントは、19人の毛豆生産者さんがご出品、85名の参加者様が来場されました。

“最強毛豆決定戦2018”の様子や、毛豆の生産者さんのことがFOOD専門ウェブマガジン「FOOD PORT.」に取り上げられました。
青森の秘伝の絶品、毛豆|美しい日本が生まれる風景

決定戦の開催の様子や、グランプリの福士さんのこと、若手生産者で毛豆の生産をけん引する長内将吾農園の長内さんや毛豆プリンセスの櫻庭さんの事が取り上げられています。
是非、記事をご覧ください!FOOD専門ウェブマガジン「FOOD PORT.」

—————————————–

関連リンク

「最強毛豆決定戦2018」の出品者はコチラ!
「最強毛豆決定戦2018」出品者情報

「最強毛豆決定戦2018」の入賞者はコチラ!
「最強毛豆決定戦2018」の入賞者速報

“毛豆”の生産ネットワークがほしい!という方はコチラ!
生産者会員募集

青森毛豆って?研究会って??
青森毛豆研究会についてはこちら

日刊ゲンダイ「王様の週末」に掲載されました!


去る9月21日(金)開催された“最強毛豆決定戦2018”では、19人の毛豆が出品され、85名の参加者様が来場されました。

“最強毛豆決定戦2018”の様子や、青森毛豆研究会のこと等が日刊ゲンダイ「王様の週末」に取り上げられました。
日刊ゲンダイDIGITALマニアな執事が誘う「王様の週末」―まるで甘栗 門外不出の秘伝の味「毛豆」を食べる―

—————————————–

関連リンク

「最強毛豆決定戦2018」の出品者はコチラ!
「最強毛豆決定戦2018」出品者情報

「最強毛豆決定戦2018」の入賞者はコチラ!
「最強毛豆決定戦2018」の入賞者速報

“毛豆”の生産ネットワークがほしい!という方はコチラ!
生産者会員募集

青森毛豆って?研究会って??
青森毛豆研究会についてはこちら